More from: 運動音痴

ジャンプトレーニング

こんにちは。相変わらず、運動音痴のFumeiです。

運動音痴の人は、身体の使い方が悪いことが原因で、ムダな動きになってしまったり、力の使い方が悪く、正しい力を伝達することができず、期待通りの動きができなかったりします。

運動音痴である私も例外なく、身体の使い方が悪いです。パーソナルトレーニングでは、個々の競技について、細かい指導があるわけではありませんが、身体の使い方をトレーニングによって、変えていきます。

運動音痴の私がランニングを始めて2年にほどで、ようやく身体の使い方を学ぼうという段階にまで到達しました。

<私のパーソナルトレーニングの経過>

◆ランニングを始める→足の痛みが出る→身体が硬すぎる→ストレッチ習慣化→足の痛み消える

◆いつも足がだるい→足のむくみ→足のマッサージ習慣化→足が多少すっきり

ここで、膝から下の問題が概ね解決。

◆ハーフマラソン完走後、長脛靭帯が激痛→お尻からふとももにかけてのマッサージで改善
◆怪我が原因で左右バランスがくずれて膝を痛める→骨盤の位置を調整したり、ランニングフォームを改良したりした→膝の痛みが消える

これで、足に関して悪い状態の筋肉というわけではなくなった。この時点で初フルマラソン完走。毎週行っていたスポーツマッサージをやめて、身体の使い方を学ぶことに。

◆ジャンプトレーニング開始→身体の使い方を学ぶ→フォームが悪すぎて、運動効率が悪い
◆インソールを作る→正しい位置でのフォームを作れるようになり、運動効果が上がった

前置きが長かったですが、今日はこのジャンプトレーニングの話です。

人は、子供の頃に外で遊ぶと自然に行っていたケンケンやジャンプなどを通じて、身体の使い方を学んでいくのだそうですが、子供時代にあまりそういうことを行ってこなかった人は、身体の使い方を学ぶ機会がないまま、運動能力の低い大人になってしまうのです。確かに私はインドア派の子供でした。

最近の子供は外で遊ばなくなったため、昔にくらべ運動能力が低くなったそうです。

そういう能力は大人になってからでは、子供の時のように身につきにくいそうですが、それでもある程度は発達するようです。

ジャンプトレーニングは、その身体の使い方を学ぶためにやっています。

方法は、マス目をタテヨコとか右回りとかケンケンで移動したり、両足でジャンプしたりしながら移動したりするだけです。それ以外にも思いっきり高くジャンプしたりとか、反復横飛びとか色々ありますが、基本はマス目の移動です。

それだけのことですが、身体の使い方を学べる上に、全身の筋肉も使うので、筋トレにもなります。

このトレーニングのランニングでの効果は、今まで全ての力が地面に吸収されているかのような走りが(つまりドタバタ走ってるってことです)、地面の反発を利用できるようになり、軽やかに走れるようになりました。つまり、バネがきくようになったのです。

このおかげでほんの少しだけ速く走れるようになりました。

実はこの内容は1年ほど前の話で、その後インソールによる問題が出てきたので、このトレーニングは現在は中断しているのですが、また再開して効果が出たら、ここで報告したいと思います。

************************

皆様のお悩みが解消される記事を目指しています。
応援よろしくお願いします。
↓↓↓


スポーツ(全般) ブログランキングへ

************************



運動音痴ランナーの初フルマラソン

こんにちは。今日は、わたくし超運動音痴のFumeiが、初めてフルマラソンを完走した時のことを書きたいと思います。

本格的に大会をめざすようになって1年半。その間様々な故障に悩まされ、初フルマラソン当日3日前まで膝が痛かった状態での挑戦でした。

その時どのような実力かというと・・・

  • 5キロはギリギリ30分で走れる。
  • 10キロは1時間以内で走れない。
  • ハーフはベストが2時間27分

という、1年半も練習してきて信じられないくらいの成績です。というか練習しなくてもこれくらい軽く走れる人は大勢います。

まあ、こういった状態ですので、初めてのフルマラソンは大阪で行われた「寛平マラソン」になりました。この大会は時間制限も7時間と緩く、前後にもっと主要な大会が多いので、実力者は出ないことと、抽選もないので誰でも出られることから、初心者向けの大会となっています。

コースは淀川河川敷を往復するルートで、景色の変化はありません。また、応援もほとんどなく、精神的には苦しいコースです。

「寛平マラソン」はご存じ芸人の間寛平がホスト役を務め、多くの吉本芸人さんが出場するお祭り的な大会です。

しかし、多くの有名芸人は10キロ以下の部に出場し、フルマラソンに出場するのはほとんど聞いたこともない芸人さんなので、スタート(ゴール)や折り返し付近以外はほとんどお祭りといった雰囲気はありません。

まあ、こういった大会での初フルマラソンでした。

今回、直前まで膝が痛かったこともあり、直前には痛み止めを服用しました。また、ゼリードリンクは5個も持っていきました。ドリンクも小さめのものを持ち、途中の給水トラブルにも備えました。

当日は緊張のためにお腹の調子が悪くなり、何度もトイレに行ったおかげか、スタート時間にはお腹もすっきりし、体調も万全でした。後は計画通りに走るだけです。

間寛平のスタートの合図とともに、一斉に走り出しました。私のスタート位置はなぜかわりと前の方で、ロスタイムはたった3分ほど。ただしそのため多くの速いランナーさんに迷惑を掛けてしまったと思います。

私は1キロ7分と決めていたので、はじめから飛ばすことなくこのタイムを守って走りました。当然どんどん抜かれていきました。しかしフルマラソンは未知の世界。ちょっと余裕があるくらいがいいだろうと絶対にスピードを上げませんでした。

そんなかんじで20キロ付近まではずーーーーっと抜かれ続けました。しかし、20キロを過ぎたあたりからメンバーが固定し始めました。

私はやや疲れ始め、1キロ7分半くらいになっていましたが、膝もまだ痛くならず、給水以外は止まらず、ずっと走り続けていました。一方まわりのメンバーは歩いたり走ったりを繰り返している人がほとんどでした。

やがて、30キロ付近に到達しました。30キロというと、30キロの壁と言われるように、ちょうどガクっとペースダウンしたり、1歩も動けなくなってしまったりと、多くのランナーが体験しているフルマラソン完走の大きな壁となるあたりなのですが、これも一般の人向けの話なのでしょう。初めからゆっくりペースの私にはまったく関係のない話でした。

いや、むしろ元気になってきて、少しペースが上がったりもしました。その頃には固定メンバーもとっくの昔に後ろの方に行ってしまい、周りはほとんど歩いていました。

ここからはどんどん抜かすのみでした。そうすると見覚えがあるTシャツの人など、かなり初期の頃に抜かされた時に見た人がたくさんいました。そういう人々を抜かすうちにどんどんテンションが上がっていって、周りがほとんど歩いていたとしても、歩こうという気持ちにはなりませんでした。

ただ、膝はまだ大丈夫だったけど、後脛骨筋腱炎のためにくるぶしのあたりが痛みだして、時々立ち止まってマッサージを入れながら走りました。

40キロ付近に到達しました。時計を見るとスタートから5時間ちょっと。目標は5時間半。もしかしてこれはいけるかもと思ったら元気になり、スピードアップ。

そして無事ゴール!5時間21分でした。

こんな私でもできました!自慢できるようなタイムではありませんが、学生時代、万年マラソン大会ビリの私が出した記録としては、奇跡のようです。

分析すると、これくらいのタイムの人は大体が途中歩いています。だから歩かなければもっと速いタイムを狙える人なのですが、色々な理由で走り切れないのでしょう。

一方、私は給水とマッサージに立ち止まった以外はまったく歩きませんでした。しかし、遅くても走り続ければ、結局は走るのが速くても歩いた人と同じタイムになるのだということが分かりました。しかもダメージも少なく、苦しい思いをすることもありませんでした。

いかに一定ペースで走ることが大切かを思い知らされました。

マラソン本やベテランランナーさんのアドバイスは、結局は上級者向けのもの。上級者には思ってもみないことができない運動音痴なので、これからも運動音痴なりのトレーニングでより向上を目指します。

************************

皆様のお悩みが解消される記事を目指しています。
応援よろしくお願いします。
↓↓↓


マラソン・ジョギング ブログランキングへ

スポーツ(全般) ブログランキングへ

************************



歩き方矯正

こんにちは。運動音痴の管理人Fumeiです。

運動音痴の特徴のひとつに、動作の効率が悪いというのがあります。色々な動作を組み合わせたものがスポーツなので、そのひとつひとつの動作の効率が悪ければ、スポーツも音痴になるということだと思います。

私がパーソナルトレーニングを始めて、まずやらされたのは、歩き方矯正でした。
その頃の私の歩き方は、踵から着地しながら歩くというものでした。

「綺麗に歩くためには踵から着地しましょう」という歩き方の本か何かに書いてあるのを意識しすぎて、かなり踵に意識を持っていました。

するとどうなるか。重心が後ろ側にいって、前に行きたいのに体重は後ろ側にあるので、前に踏み出すには大きな力を必要とし、とても効率の悪い歩き方になっていたのでした。

また、重心が後ろで踵から踏み出そうとすると腿裏に力が入り、足首はまったく使っていません。そのため、足首はくびれず、太ももは太くて、下半身デブという体型に表れていました。

体型は、その人の普段の動作と関係しているのだと、その時知りました。

普段からまったく足首を使っていないことになるので、ふくらはぎも使えず、血液のポンプ作用が低下して、血行が悪くなり、代謝が悪くなり、むくんで・・・の悪循環が繰り返されて、足は象の足のようでした。

これひとつでも私の身体の課題はたくさんです。一度に治すことはできませんから、ひとつひとつ向上させていかなければなりません。

その第一歩が歩き方矯正でした。

まず、効率のよい歩き方を目指します。まず直立して、そのまま重心を前に前に持っていきます。するとどうなるでしょう。そのままだと前に倒れてしまいます。しかし、倒れないようにと片足を一歩踏み出すと、転倒を回避できます。しかし前への力が強かったら、残った方の足もさらに一歩踏み出すことになります。

それを繰り返す運動が歩くという行為なのです。重心は前に行っているので、効率がよく、足に力を入れる必要もなく前に進めます。そうすると足首も使えるようになり、好循環が生まれます。

また、支点は胸に持っていきます。胸から前に出すという感覚で歩くと、重心の位置も上がり、太ももに力を入れることなく歩くことができます。

この歩き方に変えると、冬でも足がホカホカしてきます。それはふくらはぎと足首を使えているからでしょう。

ひとつずつ課題を克服し、好循環を目指し、運動音痴を脱出したいと思います。

************************

皆様のお悩みが解消される記事を目指しています。
応援よろしくお願いします。
↓↓↓


スポーツ(全般) ブログランキングへ

************************