More from: 運動センス

運動センスとトレーニングの関係

前回、運動音痴の人は体力がないわけでなく、運動センスがないゆえに、無駄な動きが多く、早く体力を消耗してしまうという話をしました。

では、上達するためにはどうしたらよいのでしょう。

無駄な動きが多くても、トレーニングによって効果的な動きを習得することができます。運動センスのなさは、努力でカバーです。

しかし、実際にはそれが難しいのです。運動センスがなくても、どうすれば効果的に動けるか自分で見極められる人は、結果的に運動ができる人です。

運動音痴の人は、そのトレーニング法が間違ったままでも自分では気づけないので、いつまでたっても上達しません。それどころか、トレーニングによって変なクセがついてしまい、トレーニングすればするほどできなくなってしまう場合すらあります。

要するに、正しいトレーニング法を身に付けなければなりません。そこで初めて運動センスのなさは、努力でカバーできるようになります。

正しいトレーニング法は、自己流でなく、指導者にアドバイスをもらうとよいでしょう。また、運動音痴の人は、頭でイメージした動きを再現できない人なので(再現しているつもりだが、実際はできていない)、第三者に自分の動きを見てもらい、客観的なコメントをもらいましょう。また、動画に撮って自分の動きを見てみるのもよいです。きっと頭でイメージしていた動きと全然違うでしょう。

そうやって、自分で無駄な動きの原因を知ることで、なぜそのトレーニングが必要かを理解できてから練習に励むと、ただがむしゃらにトレーニングしていた時とは、トレーニング効果がまったく違ってきます。

では実際、運動音痴の私はどうだったのでしょうか。

まだまだ落とし穴が待っていたのです。その内容は次回に。

************************

皆様のお悩みが解消される記事を目指しています。
応援よろしくお願いします。
↓↓↓


スポーツ(全般) ブログランキングへ

************************



運動音痴だから体力がないわけではない

運動音痴の人は、運動センスのなさだけでなく、体力も皆より劣っているとみなされることが多いように思いますが、はたして本当なのでしょうか。

運動音痴ゆえに運動不足になりがちで、体力が劣ることはあり得ますが、学生ならば体育の授業があるので、運動不足ということは考えにくいです。

では、こんな例え話をします。運動能力の高いAさんと、運動音痴のBさんがいたとします。ある同じ競技をするのに、Aさんは最後まで無難なくこなし、Bさんは途中でバテてしまい、最後までできませんでした。

では、なぜBさんは途中でバテてしまったのでしょう。

Bさんは体力がなかったから。もちろんその可能性もあります。でもそう決めつけるのはちょっと待って下さい。

それは、身体の動かし方にも理由があるのかもしれません。

その競技をするのに、Aさんは最低限の動きで効率よく動いたため、大した消耗もなく無難に最後までこなしました。

しかしBさんは、運動音痴ゆえに無駄な動きが多く、体力の消耗がはげしくて、途中でバテてしまったのかもしれません。

そう考えると、Bさんが途中でバテてしまったのは、体力がなかったからではなく、運動センスのなさからだったのです。

運動センスのよい人は、そうやって効果的に運動能力を上げていき、練習をしても実になりやすいのです。

一方、運動センスのない人は消耗がはげしいために練習効果が低く、また無駄な力によって、本来必要ない筋肉を発達させてしまったり、その積み重ねで悪循環が始まるのです。

そうだとすると、Bさんが最後までその競技を続けようとすると、体力をのばすより、効率的な動きを身に付ける方がよいことになります。しかし、運動センスがないために、効率的な動きを身に付けるには容易ではありません。

次回は、運動センスのない人が上達するにはどうすればよいか、考えていきたいと思います。

************************

皆様のお悩みが解消される記事を目指しています。
応援よろしくお願いします。
↓↓↓


スポーツ(全般) ブログランキングへ

************************