More from: 足が痛い

短腓骨筋腱付着部炎

こんにちは。運動音痴な管理人Fumeiです。

最近は足が痛くなることもなく、順調に走れるようになったな~なんて思っていたりたら、なんだか足に違和感を感じるようになってきました。

よく考えると、現在使っているランニングシューズも随分長くお世話になっているような気がします。このシューズはインターネットで購入したので、購入記録を調べてみると、もう1年以上も前に購入していたことが分かりました。

さすがに交換時期かなと思い、同じシューズを探してみたけど、もうすでにどこにも在庫はないようでした。

仕方がないので、同じメーカーの同じシリーズのデザインチェンジをしたシューズを試し履きなしでネット購入しました。

ところが、家に送られてきたシューズを履くと、同じシリーズで同じサイズなのに、履き心地がまったく違いました。かなり改良されていて、軽くて締め付け感が少なくなっていました。

シューズとしてはよくなったんでしょうが、私の好きな履き心地ではなくなっていました。しかし、試し履きをしなかった私が悪いので、我慢して履くことにしました。

そして早速このシューズでランニングに出かけたのですが、1時間ほどでなんだか足が痛くなってきました。これはマズイと思いすぐに走るのを中止したのですが、痛みは何日たっても残ったままでした。

痛い箇所illustration by フリーメディカルイラスト図鑑

足の甲の側面の痛みで、病院に行っていないので正確なことは分かりませんが、ちょうど第5中足骨の付け根の外側が痛くて、色々調べた結果、短腓骨筋腱付着部炎ではないかと疑いました。

この炎症は、慣れない靴の使用で症状が出る場合があるそうで、ヒールパッドを入れると治りやすいようです。なるほど、踵部分に少し挟みものを入れると踵を浮かしたようになり、ちょうど痛みが軽減されました。

新しく購入したシューズは残念ながら使用を中止し、家では少し踵を浮き気味にして歩き、日常では靴の踵にティッシュを挟んでしのぎました。

ランニングではたまたまインソールを注文したところで、そのインソールが手元に届いたので、それを使っていると3週間ほどで痛みはなくなりました。

今回、大きな代償を払って、シューズの大切さを学びました。新しいシューズは同じ形で同じサイズでしたが、締め付け感が少なくなってしまっために足がシューズの中で動くようになってしまい、負担がかかったのだと思われます。

以前にもシューズの選択ミスで障害が起こったというのに、うかつでした。

新しいランニングシューズを選ぶ時には慎重に!

この言葉を自分に言い聞かせ、初心に戻って頑張りたいと思います。

************************

皆様のお悩みが解消される記事を目指しています。
応援よろしくお願いします。
↓↓↓


スポーツ(全般) ブログランキングへ

************************



初フルマラソン後に分かったこと

こんにちは。運動音痴な管理人Fumeiです。

2014年3月に初めてフルマラソンを完走しました。

後脛骨筋腱炎からの膝痛と戦いながらの練習でしたが、奇跡的に本番3日前に膝痛を感じなくなり、本番は後脛骨筋腱炎での足首内側が少し痛くなったくらいで、後は何の問題もなく走れました。

終了後、ひとりだったので、自力で歩いて帰れるだろうかと不安でしたが、ふくらはぎの猛烈な筋肉痛以外は意外と大丈夫で、混雑した電車のために一度も座れなかったけれど、問題なく帰路に着くことができました。

そして、翌日驚くべきことが起きたのです。

全身筋肉痛なのは、予想通りだったのですが、膝痛の方の太ももだけがまったく筋肉痛にならなかったのです。

アンバランスな筋肉痛は走り方のフォームが悪いのだろうと疑わなければなりませんが、私には思い当たるフシがありました。

それは、膝痛の軽減のために毎日念入りに太ももをマッサージしていたということです。もちろん両太もも行っていましたが、どうしても痛い方を念入りに行っていました。

今回のこの筋肉痛で、いかに日ごろのストレッチやマッサージが大切かということを身を持って感じた訳です。そんなの常識!と思われるかもしれませんが、なかなか続けられない人や効果を感じられない人が多いのも事実です。

結局、筋肉痛になった箇所も軽くて、翌日にはほとんど治っていました。ゆっくりとはいえ、42キロを走っている間に、ほとんど筋肉のダメージを感じなかったのも、毎日のストレッチとマッサージのおかげなのだと思いました。

しかし、他のことも分かりました。

膝痛は決して治ってなんかいなかったのです。

一時的に治まった理由は、アドレナリンだったのです。

奇跡的に3日前に膝痛が治まったのは、本番前の興奮によってアドレナリンが分泌されていただけで、「火事場の馬鹿力」状態だった訳です。

この状態はフルマラソン完走後、1週間続きました。マラソン先輩方によると3ケ月続くこともあるそうですが、私の場合、大会の次の日に個人的に不幸な出来事があったため、それどころじゃなくなり、フルマラソン完走の興奮に浸っていることができず、1週間程度で平常心に戻りました。

そして、フルマラソン完走後、10日ほどで練習を再開した時のことです。歩いている時には感じなかったのに、走り出した途端に強烈な膝の痛みを感じました。これは即走るのを中止しなければならないほどのレベルでした。

そうです。アドレナリンが切れたのです。これから本当の意味でフルマラソン後のダメージが出るのです。

初フルマラソンを通して分かったことは、

  • ストレッチとマッサージはパフォーマンスに大きな影響を与える。また、終了後のダメージに大きな差が出る。
  • 一定ペースを保つと楽に走れる
  • 余裕を持ったペースが結局はいい成績になる
  • アドレナリンで練習以上の力が出せる場合がある

でした。特に余裕を持ったペースというのが難しくて、はじめは元気なので皆につられて速く走ってしまいがちですが、いかに抑えるかがカギだと思います。

さて、このアドレナリンが切れて再発した膝痛ですが、今度は意外と簡単に治りました。次回は膝痛の再発とその対処をレポートしたいと思います。

************************

皆様のお悩みが解消される記事を目指しています。
応援よろしくお願いします。
↓↓↓


マラソン・ジョギング ブログランキングへ

スポーツ(全般) ブログランキングへ

************************



足裏の痛み

こんにちは。ランニングを始めてから、次から次へと故障が出てきている運動音痴の管理人です。

ランニングを始めて1年ほど経った時、ランニング後は必ず足裏が痛くなるようになりました。
痛くなったのは、赤で示す部分です。下の図は、足裏を現しています。

痛みの箇所

走っている最中はあまり感じないのですが、シューズを脱いだら重心をかけられないくらいの痛みがありました。

早速パーソナルトレーナーに相談してみると、まず私が立っている時の足裏の体重のかけ方がまずいとのことでした。まっすぐに体重をかけるには、赤で示した親指の根本、小指の根本、踵の3点に均等に体重を掛けるようにします。

足裏重心

そして、ランニング時の足裏の着地の軌跡は下図のようになります。

ランニング足裏軌跡

まず、踵から着地が始まり、土踏まずを避けるように片側により、小指下付近は一瞬で通り過ぎ、親指に抜けて行きます。
ところが、私は立ったとき、ほとんど親指の根本には体重を掛けていなかったのです。そのため体重が外側に寄って、ランニング時の足裏着地の軌跡が下図のようになり、小指下あたりに体重を掛ける時間が長くなり、痛くなっていたのです。

間違った足裏軌跡

矯正方法ですが、まず3点を意識して立つ練習をし、慣れてきたら、そのまま歩く練習にまで発展させます。前よりも横のブレが少なく綺麗な姿勢になっているはずです。

また、歩く動作が身体に入ってきたら、歩く最後に走ってみます。今までとの意識の違いを感じたら、その感覚を忘れないようにします。それを何度も繰り返すことで、矯正されていきます。

私も徐々に痛みが出なくなり、1ケ月ほどで完全克服できました。

************************

皆様のお悩みが解消される記事を目指しています。
応援よろしくお願いします。
↓↓↓


マラソン・ジョギング ブログランキングへ

スポーツ(全般) ブログランキングへ

************************