More from: 歩き方

歩き方矯正

こんにちは。運動音痴の管理人Fumeiです。

運動音痴の特徴のひとつに、動作の効率が悪いというのがあります。色々な動作を組み合わせたものがスポーツなので、そのひとつひとつの動作の効率が悪ければ、スポーツも音痴になるということだと思います。

私がパーソナルトレーニングを始めて、まずやらされたのは、歩き方矯正でした。
その頃の私の歩き方は、踵から着地しながら歩くというものでした。

「綺麗に歩くためには踵から着地しましょう」という歩き方の本か何かに書いてあるのを意識しすぎて、かなり踵に意識を持っていました。

するとどうなるか。重心が後ろ側にいって、前に行きたいのに体重は後ろ側にあるので、前に踏み出すには大きな力を必要とし、とても効率の悪い歩き方になっていたのでした。

また、重心が後ろで踵から踏み出そうとすると腿裏に力が入り、足首はまったく使っていません。そのため、足首はくびれず、太ももは太くて、下半身デブという体型に表れていました。

体型は、その人の普段の動作と関係しているのだと、その時知りました。

普段からまったく足首を使っていないことになるので、ふくらはぎも使えず、血液のポンプ作用が低下して、血行が悪くなり、代謝が悪くなり、むくんで・・・の悪循環が繰り返されて、足は象の足のようでした。

これひとつでも私の身体の課題はたくさんです。一度に治すことはできませんから、ひとつひとつ向上させていかなければなりません。

その第一歩が歩き方矯正でした。

まず、効率のよい歩き方を目指します。まず直立して、そのまま重心を前に前に持っていきます。するとどうなるでしょう。そのままだと前に倒れてしまいます。しかし、倒れないようにと片足を一歩踏み出すと、転倒を回避できます。しかし前への力が強かったら、残った方の足もさらに一歩踏み出すことになります。

それを繰り返す運動が歩くという行為なのです。重心は前に行っているので、効率がよく、足に力を入れる必要もなく前に進めます。そうすると足首も使えるようになり、好循環が生まれます。

また、支点は胸に持っていきます。胸から前に出すという感覚で歩くと、重心の位置も上がり、太ももに力を入れることなく歩くことができます。

この歩き方に変えると、冬でも足がホカホカしてきます。それはふくらはぎと足首を使えているからでしょう。

ひとつずつ課題を克服し、好循環を目指し、運動音痴を脱出したいと思います。

************************

皆様のお悩みが解消される記事を目指しています。
応援よろしくお願いします。
↓↓↓


スポーツ(全般) ブログランキングへ

************************