ダイエットを始めた②

こんにちは。相変わらず運動能力の低い管理人Fumeiです。

前回の「ダイエットを始めた」の続きです。

摂取カロリーを消費カロリーで上回らないというだけの食事制限で、始めて2週間で2キロ痩せました。

始めたばかりということもあり、結構空腹でも無理していた部分もあると思います。

しかし、そんなに高いモチベーションは長くは続きません。やがて食べたい欲求が強くなってきました。

そこで、どうしても多く食べたい時は、その分運動で消費することにしたのです。

と言っても、普段から週2~3日はジム通いして運動しているので、さらに運動量を増やすことにしました。

運動においての消費カロリーの計算は、

消費カロリー(kcal) = 体重(kg) x 移動距離(km)

となります。つまり、体重50キロの人が10キロ移動したら、50x10=500キロカロリー消費という計算です。

注目すべきは移動距離という点です。これは、自らの力で移動すれば、歩こうが走ろうがスキップしようが関係ないってことです。(車や自転車に乗ったらもちろんNGですよ)

この計算式を覚えておくと、例えば駅までバスに乗っていたのをやめて歩いたら、○✖カロリー消費。とかすぐに計算できる上に、モチベーションも上がります。

また、ジム内ではトレッドミル30分が基本だったのですが、少し速度を落として60分に変えました。速く短時間走るより、遅く長時間走る方が結果的に消費カロリーが大きいからです。(速く長くはしんどくて無理なので)

しかし、この計算式でも分かるように、過体重がいかに不利だということかが身にしみて分かりました。

特に私のような筋肉は人並み以下なのに体脂肪は人並み以上というタイプは、貧弱な筋肉で多大な肉のおもりを持ち上げながら走らなければならないので、同じ体重の人の中でもかなり不利だということが、今頃になって分かりました。

ところで、摂取カロリーを消費カロリーで上回らないというだけの食事制限では、減った体重の半分は筋肉です。つまり、体重が5キロ減ったら、2.5キロの筋肉と2.5キロの脂肪が減ったことになります。

しかし、筋肉はできるだけ減らしたくない。

そこで、週1日のパーソナルトレーニングは、以前までは体のコンディションを整えることが中心だったのを筋トレに変えてもらいました。

筋肉量アップを目的とした筋トレは、かなり追い込まないと効果がでないそうで、パーソナルトレーナーの指導の下、メニューをこなした後は、ものすごい脱力感で、ヘロヘロと足腰立たないような状態での終了となります。

トレーニングの内容はまた別の機会で紹介するとして、そのメニューを自分ひとりでやった時は終了後の脱力感がなく、やはり自分に甘くなってしまうのだなと思いました。

そのような筋トレを取り入れて、それでも筋肉量は減って、ついに標準以下になってしまいましたが、遂に、噂に聞く停滞期というものがやってきました。

ダイエットを始めて2ケ月、体重-4キロの時でした。

なんか長くなったので、またまた次回に続きます。

************************

皆様のお悩みが解消される記事を目指しています。
応援よろしくお願いします。
↓↓↓


スポーツ(全般) ブログランキングへ

************************



ダイエットを始めた

こんにちは。体脂肪高めの管理人Fumeiです。

私がランニングを始めてから、足の故障などでなかなか断続的に走る練習ができなかったのですが、足の状態がよくなるにつれ、練習を中断することなく走れるようになってから、一気に体重が増えてしまいました。

一般的にランニング・ジョギングを続けることでダイエットに成功する人が多いと思います。実際、私のまわりでも走るようになってから一気に痩せたという人が多いです。

ところが、私の場合は走れば走るほど、どんどんと太っていき、生涯の最高記録を達成してしまいました。

今思えば、
走る(たいした距離ではない)→ いつもよりお腹がすく→ 運動したからいいと思い、バカ食いする→ 太る

というカロリー消費の割にカロリー摂取量が大幅に上回るということの繰り返しだったようです。

ところが、私自身はあまり深刻に考えず、筋肉が増えたんだろうと根拠もなく楽観的でいました。そのため、いつもよりも走っているというのに、マラソン大会では、どんどん成績が下がっていきました。

そして、自分でヤバイと気づいたのは、マラソン大会の成績ではなく、マラソン大会での写真でした。

大会ではカメラマンが写真を撮ってくれて、後でWEB上で公開されます。気に入った写真があったら購入することができるのですが、そこで自分の写真を発見した時の驚きといったら・・・。

子ブタちゃんのようでした・・・(T▽T)

セルフイメージはやせ型だと思っていただけに、これはエライ事だと認識したわけです。

そこで、体組成計で計ってみると、体脂肪が32%!!反して筋肉量は標準以下と標準のボーダーラインΣ(゚д゚lll)

そりゃあ、成績も下がるはずです。貧相な筋肉でこの過体重を支えなければならないのですから。

これではイカンと思い、ダイエットを始めることにしたのです。

実は、今までまともにダイエットというものをやったことがなくて、どうやったらいいか、パーソナルトレーナーに相談してみると、

目標体重設定日までの日にち x (基礎代謝+消費カロリー) > 目標体重設定日までの日にち x 摂取カロリー

ということでした。要するに設定した期間内で、消費カロリーが上回った分が痩せるということなのです。極論を言うと、2日分を1日で一気に食べたとしても、翌日食べなければ、プラスマイナス0になるということです。

ダイエットの基本は朝ごはんをきっちり食べることとか、夜は9時以降に食べると太りやすいとか、炭水化物は太りやすいとか、一切関係なしです。

だったら簡単!まず、朝ごはんのパンをやめました。実は元々若い頃は朝ごはんはヨーグルトだけだったのですが、朝ごはんを食べないと太るという話を聞いて、無理やりパンを食べていたのです。

いつも朝は食欲がなくて、大好きなパンと言えども食べるのが大変だったのですが、余計なカロリーを取ることもないので、喜んでやめました。

でもさすがにヨーグルトだけでは後でお腹がすくので、シリアルをかけて食べるようにしています。

お昼ごはんは一番豪華にして、好きなものを食べるようにしました。外食もオッケーです。

間食は基本的にやめました。でも、お付き合いで食べたり、時々我慢できない時も食べてオッケーです。

夕食は、週に何度かは白ごはん抜きにしました。ビールの代わりに炭酸水にして、おかずはお酒のアテっぽいものにしたら、おかずだけでも満足で、たまに後でお茶漬けしようと思っても、もういいやって思えるようになりました。もちろんたまには外食も飲酒もオッケーです。

次回は、運動面でのアプローチをどうしたのかを書きたいと思います。

************************

皆様のお悩みが解消される記事を目指しています。
応援よろしくお願いします。
↓↓↓


スポーツ(全般) ブログランキングへ

************************



足つぼマット

こんにちは。色々と限界を感じる今日この頃です。

限界のひとつに、足のむくみが一向によくならないという点でした。
私自身は以前に比べ、かなりスッキリしてきたし、このたるんだ足はむくみではなく、単に太ってるだけだと思っているのですが、パーソナルトレーナーは、まだまだすっきりするはずだと言うのです。

そして、以前から使用している↓この足つぼ青竹は効果が薄れてきていると感じていました。

プラスチック青竹

そこで、もっと強力な足つぼを刺激できるものを使用するよう言われて購入したのがコレ↓。

足つぼマット

「ウォークマットⅡ」という商品名の足つぼマットです。
このマットの突起は公園などにある足つぼコーナーのように小玉石が並んでいるような造りで、踏むとモロ、足つぼに食い込んできます。

このマットは、足つぼのあらゆる反射区に効果的に効くように設計されていて、説明書通りに順番に踏んでいけるようになっています。また、適正な時間の目安も示してくれているので、それにしたがって踏んでいくと、30分くらいかかります。

1日目:あまりの痛さに脂汗が出て、終わった後汗びっしょり。
2日目:前回痛すぎたので、タオルを引いて踏んでみるとなんとか踏めるようになった。
7日目:タオルを引くと、物足りなくなった。
10日目:素足で平気になったが、部分的に激痛が走るポイントがある。
14日目:素足で踏み続けてもどんな角度でも平気になった。
1ケ月目:素足でさらに足を浮かせたりして体重をかけても気持ちがよいと思えるようになった。
2ケ月目:日常生活で、足のだるさをまったく感じなくなった。
3ケ月~:毎日踏まなくても、いつも足の調子がよくなったので、気になる時だけ踏むようになった。

こんな感じで、足の見かけはあまり変わらなかったのですが(やはりただ太ってただけなのでしょう)、足のだるさをまったく感じなくなり、毎週パーソナルトレーニングの大半を占めていた足をゆるめてもらうという時間をまったく必要としなくなりました。

それに伴い、2年間続けてきたパーソナルトレーニングの内容も一段落し、新たなステップへ上がれるようになりました。

今までは足の状態が悪すぎて、トレーニング効果が期待できないということで、バランスを調整したり、動きをよくするためのトレーニングやストレッチ、マッサージの基礎を学んできたりしましたが、ついに本当のトレーニングをすることになりました。

運動音痴克服なるでしょうか?また、変化が表れたらここで報告したいと思います。

************************

皆様のお悩みが解消される記事を目指しています。
応援よろしくお願いします。
↓↓↓


スポーツ(全般) ブログランキングへ

************************