短腓骨筋腱付着部炎

こんにちは。運動音痴な管理人Fumeiです。

最近は足が痛くなることもなく、順調に走れるようになったな~なんて思っていたりたら、なんだか足に違和感を感じるようになってきました。

よく考えると、現在使っているランニングシューズも随分長くお世話になっているような気がします。このシューズはインターネットで購入したので、購入記録を調べてみると、もう1年以上も前に購入していたことが分かりました。

さすがに交換時期かなと思い、同じシューズを探してみたけど、もうすでにどこにも在庫はないようでした。

仕方がないので、同じメーカーの同じシリーズのデザインチェンジをしたシューズを試し履きなしでネット購入しました。

ところが、家に送られてきたシューズを履くと、同じシリーズで同じサイズなのに、履き心地がまったく違いました。かなり改良されていて、軽くて締め付け感が少なくなっていました。

シューズとしてはよくなったんでしょうが、私の好きな履き心地ではなくなっていました。しかし、試し履きをしなかった私が悪いので、我慢して履くことにしました。

そして早速このシューズでランニングに出かけたのですが、1時間ほどでなんだか足が痛くなってきました。これはマズイと思いすぐに走るのを中止したのですが、痛みは何日たっても残ったままでした。

痛い箇所illustration by フリーメディカルイラスト図鑑

足の甲の側面の痛みで、病院に行っていないので正確なことは分かりませんが、ちょうど第5中足骨の付け根の外側が痛くて、色々調べた結果、短腓骨筋腱付着部炎ではないかと疑いました。

この炎症は、慣れない靴の使用で症状が出る場合があるそうで、ヒールパッドを入れると治りやすいようです。なるほど、踵部分に少し挟みものを入れると踵を浮かしたようになり、ちょうど痛みが軽減されました。

新しく購入したシューズは残念ながら使用を中止し、家では少し踵を浮き気味にして歩き、日常では靴の踵にティッシュを挟んでしのぎました。

ランニングではたまたまインソールを注文したところで、そのインソールが手元に届いたので、それを使っていると3週間ほどで痛みはなくなりました。

今回、大きな代償を払って、シューズの大切さを学びました。新しいシューズは同じ形で同じサイズでしたが、締め付け感が少なくなってしまっために足がシューズの中で動くようになってしまい、負担がかかったのだと思われます。

以前にもシューズの選択ミスで障害が起こったというのに、うかつでした。

新しいランニングシューズを選ぶ時には慎重に!

この言葉を自分に言い聞かせ、初心に戻って頑張りたいと思います。

************************

皆様のお悩みが解消される記事を目指しています。
応援よろしくお願いします。
↓↓↓


スポーツ(全般) ブログランキングへ

************************


コメントを残す

CAPTCHA