やってきた停滞期

こんにちは。まだまだダイエット中のFumeiです。

生まれて初めて本格的なダイエットを始めて、ついに噂に聞く停滞期というものがやってきました。

順調に減っていた体重がある時から全然変わらなくなってしまったのです。

ダイエットを始めたばかりの頃は、少ないカロリー摂取でも足りない分は体内の脂肪を使ってくれるので、順調に体重が減るのですが、その内、栄養が入ってこない状態でも生きていけるように体が変化し、あまり脂肪を消費しないでも対応できるようになります。

なので、努力のわりに体重は変わらないという状態になるのだそうです。そして、ここでモチベーションが下がって、このままダイエットをやめてしまう人がいるのです。

ところが、体は少ないカロリー摂取でも体内の脂肪を使わず対応できるようになっているのに、ここでダイエットをやめて高カロリーの食事に変わると、ダイエット前の普通に脂肪が燃えていた状態よりも脂肪が燃えにくくなり、ダイエット前よりも太ってしまいます。そう、これが、リバウンドです。

ダイエットの失敗を繰り返すと、リバウンドするというのは、そういうことだったのですね。

だから、この停滞期というものに突入したら、全然体重が減らなくても、後戻りできないのです。

私の場合は、同じ食生活と運動量でも体重は2ケ月間変わりませんでした。

でも、この停滞期の時期は、カロリー制限にも慣れて、むしろたくさん食べようとしても食べられない体になっていました。

それに、体重は変わらなくても、ほんの少しずつ体脂肪は減っていました。つまり筋肉が少し増えていたので、体重自体は変わらないという状態です。食事だけでダイエットしていたらどうなっていたか分かりませんが、ある日、その均衡が崩れて、再び体重が減っていきました。

食事でカロリーを抑えると、減った体重の半分は筋肉量なのですが、停滞期では脂肪が燃えにくく、栄養の吸収も高まるので、脂肪が燃えないけれど、筋肉の落ち方も少なくなるようです。

そこで、筋トレをすると、むしろ筋肉は増えるという結果になりました。

私の停滞期は、体重は変わらなかったけど、体組成計では変化があったので、かろうじてモチベーションを保つことができました。

さて、停滞期が終わると、また筋肉量の落ち方も増えて、体脂肪率は上がってしまいました。また、基礎代謝量も減っているので、ますますハードルが高くなった感じがします。

最後に今までの私のダイエット成果です。

ダイエットスタート時 体重54kg 体脂肪32%
1ケ月目       体重52kg 体脂肪30%
2ケ月目       体重50kg 体脂肪28%
3ケ月目       体重50kg 体脂肪27%
4ケ月目       体重49kg 体脂肪28%

まだまだ、かなり体脂肪高めです。体脂肪率が肥満ボーダーライン上にあることから、筋肉量は標準以下ボーダーライン上にあります。

しかし、体重が減って色々と体に変化が出ていることは間違いないです。今はそれがモチベーションとなっているでしょうか。

まだまだダイエットは続きます。

************************

皆様のお悩みが解消される記事を目指しています。
応援よろしくお願いします。
↓↓↓


スポーツ(全般) ブログランキングへ

************************


コメントを残す

CAPTCHA