More from: ダイエット

アーモンドダイエット

こんにちは。あいかわらず運動音痴のFumeiです。

今回は、「やってきた停滞期」の続きです。

今まで、できるだけカロリーをおさえ、体重を減らしてきましたが、同時に筋肉量も減ってしまいました。食生活が悪いのだと思いますが、どうしても体脂肪が高いです。

そこで、友人に勧められた「アーモンドダイエット」を始めました。それは、1日25粒食べるだけで、色々と身体によい効果を生むというものです。

アーモンドの特徴として、

  • 不飽和脂肪酸が主な成分で、血中の中性脂肪やコレステロール値を調節する働きがあるといわれている
  • ビタミンB2が多く、脂肪吸収を抑える
  • 食物繊維を多く含み、血糖値の急上昇を抑える

その他、便秘解消や肌がきれいになるなどまだまだ効果がたくさんあり、高カロリーなアーモンドを食べて本当に痩せられるか疑問でしたが、アーモンドの本を読んで研究した結果、「これならできそう」と思い、実践してみました。

本では、生アーモンドを推奨していましたが、必要な栄養素は熱に強いので、加熱しても効果は期待できるであろうと、素焼きアーモンドを食べることにしました。これならどこのスーパーでも売っているので、手に入りやすいです。

さて、アーモンドダイエットの効果です。

ダイエットスタート時 体重54kg 体脂肪32%
1ケ月目       体重52kg 体脂肪30%
2ケ月目       体重50kg 体脂肪28%
3ケ月目       体重50kg 体脂肪27%
4ケ月目       体重49kg 体脂肪28%
ここで、アーモンド摂取開始
5ケ月目       体重48kg 体脂肪24%

なななんと、4%も体脂肪率低下です!!

この結果をみて、アーモンドすげーっ思ったアナタ、ちょっと待って下さい。

このダイエットをすすめてくれた友人、そして、一緒に始めた友人は、体重がややあがり、他は何も変化はなかったそうです。

どうしてこんなことになったのか?ただの偶然か?

いえ、違います。

その後、私は長い旅行に出て、3週間ほどアーモンドを食べるのをやめると、(ついでに言うと暴飲暴食してました)体脂肪24%→30%と信じられないぐらい元にもどってしまいましたが、またアーモンドを食べ始めると、30%→27%と2週間で大幅ダウンしました。

これらのことから、アーモンドの特性と自分の生活を照らし合わせると、自分は炭水化物食いだから効果が大きいのではないのかという結論に達しました。

どういうことかというと、私は炭水化物が大好きで、おかずなしでも白ごはん3杯いけるほどごはんの味が好きです。パン、白ごはん、ラーメン、粉もん、イモ類が大好きで、そんなものばかり食べていました。

白ごはんなどは高GI値食品であり、血糖値が急上昇し、血液中に入る糖質が多くなります。そのためインスリン分泌が多くなり、脂肪分解が抑制され、脂肪が蓄積していきます。

そこで、アーモンドの登場です。血糖値の急上昇を抑えるアーモンドは、糖尿病にも効果があるように、炭水化物摂り過ぎによる脂肪の蓄積を抑えてくれていたのではないかと思うのです。

だから、普段からバランスのよい食生活を送っている人には劇的な効果が目に見えてこないのでしょう。

私は今回のことで、食生活を見直すいいキッカケになりました。

体重はそろそろ落ち着いたので、次は筋肉量を増やす段階に移行したいと思います。

************************

皆様のお悩みが解消される記事を目指しています。
応援よろしくお願いします。
↓↓↓


スポーツ(全般) ブログランキングへ

************************



やってきた停滞期

こんにちは。まだまだダイエット中のFumeiです。

生まれて初めて本格的なダイエットを始めて、ついに噂に聞く停滞期というものがやってきました。

順調に減っていた体重がある時から全然変わらなくなってしまったのです。

ダイエットを始めたばかりの頃は、少ないカロリー摂取でも足りない分は体内の脂肪を使ってくれるので、順調に体重が減るのですが、その内、栄養が入ってこない状態でも生きていけるように体が変化し、あまり脂肪を消費しないでも対応できるようになります。

なので、努力のわりに体重は変わらないという状態になるのだそうです。そして、ここでモチベーションが下がって、このままダイエットをやめてしまう人がいるのです。

ところが、体は少ないカロリー摂取でも体内の脂肪を使わず対応できるようになっているのに、ここでダイエットをやめて高カロリーの食事に変わると、ダイエット前の普通に脂肪が燃えていた状態よりも脂肪が燃えにくくなり、ダイエット前よりも太ってしまいます。そう、これが、リバウンドです。

ダイエットの失敗を繰り返すと、リバウンドするというのは、そういうことだったのですね。

だから、この停滞期というものに突入したら、全然体重が減らなくても、後戻りできないのです。

私の場合は、同じ食生活と運動量でも体重は2ケ月間変わりませんでした。

でも、この停滞期の時期は、カロリー制限にも慣れて、むしろたくさん食べようとしても食べられない体になっていました。

それに、体重は変わらなくても、ほんの少しずつ体脂肪は減っていました。つまり筋肉が少し増えていたので、体重自体は変わらないという状態です。食事だけでダイエットしていたらどうなっていたか分かりませんが、ある日、その均衡が崩れて、再び体重が減っていきました。

食事でカロリーを抑えると、減った体重の半分は筋肉量なのですが、停滞期では脂肪が燃えにくく、栄養の吸収も高まるので、脂肪が燃えないけれど、筋肉の落ち方も少なくなるようです。

そこで、筋トレをすると、むしろ筋肉は増えるという結果になりました。

私の停滞期は、体重は変わらなかったけど、体組成計では変化があったので、かろうじてモチベーションを保つことができました。

さて、停滞期が終わると、また筋肉量の落ち方も増えて、体脂肪率は上がってしまいました。また、基礎代謝量も減っているので、ますますハードルが高くなった感じがします。

最後に今までの私のダイエット成果です。

ダイエットスタート時 体重54kg 体脂肪32%
1ケ月目       体重52kg 体脂肪30%
2ケ月目       体重50kg 体脂肪28%
3ケ月目       体重50kg 体脂肪27%
4ケ月目       体重49kg 体脂肪28%

まだまだ、かなり体脂肪高めです。体脂肪率が肥満ボーダーライン上にあることから、筋肉量は標準以下ボーダーライン上にあります。

しかし、体重が減って色々と体に変化が出ていることは間違いないです。今はそれがモチベーションとなっているでしょうか。

まだまだダイエットは続きます。

************************

皆様のお悩みが解消される記事を目指しています。
応援よろしくお願いします。
↓↓↓


スポーツ(全般) ブログランキングへ

************************



ダイエットを始めた②

こんにちは。相変わらず運動能力の低い管理人Fumeiです。

前回の「ダイエットを始めた」の続きです。

摂取カロリーを消費カロリーで上回らないというだけの食事制限で、始めて2週間で2キロ痩せました。

始めたばかりということもあり、結構空腹でも無理していた部分もあると思います。

しかし、そんなに高いモチベーションは長くは続きません。やがて食べたい欲求が強くなってきました。

そこで、どうしても多く食べたい時は、その分運動で消費することにしたのです。

と言っても、普段から週2~3日はジム通いして運動しているので、さらに運動量を増やすことにしました。

運動においての消費カロリーの計算は、

消費カロリー(kcal) = 体重(kg) x 移動距離(km)

となります。つまり、体重50キロの人が10キロ移動したら、50x10=500キロカロリー消費という計算です。

注目すべきは移動距離という点です。これは、自らの力で移動すれば、歩こうが走ろうがスキップしようが関係ないってことです。(車や自転車に乗ったらもちろんNGですよ)

この計算式を覚えておくと、例えば駅までバスに乗っていたのをやめて歩いたら、○✖カロリー消費。とかすぐに計算できる上に、モチベーションも上がります。

また、ジム内ではトレッドミル30分が基本だったのですが、少し速度を落として60分に変えました。速く短時間走るより、遅く長時間走る方が結果的に消費カロリーが大きいからです。(速く長くはしんどくて無理なので)

しかし、この計算式でも分かるように、過体重がいかに不利だということかが身にしみて分かりました。

特に私のような筋肉は人並み以下なのに体脂肪は人並み以上というタイプは、貧弱な筋肉で多大な肉のおもりを持ち上げながら走らなければならないので、同じ体重の人の中でもかなり不利だということが、今頃になって分かりました。

ところで、摂取カロリーを消費カロリーで上回らないというだけの食事制限では、減った体重の半分は筋肉です。つまり、体重が5キロ減ったら、2.5キロの筋肉と2.5キロの脂肪が減ったことになります。

しかし、筋肉はできるだけ減らしたくない。

そこで、週1日のパーソナルトレーニングは、以前までは体のコンディションを整えることが中心だったのを筋トレに変えてもらいました。

筋肉量アップを目的とした筋トレは、かなり追い込まないと効果がでないそうで、パーソナルトレーナーの指導の下、メニューをこなした後は、ものすごい脱力感で、ヘロヘロと足腰立たないような状態での終了となります。

トレーニングの内容はまた別の機会で紹介するとして、そのメニューを自分ひとりでやった時は終了後の脱力感がなく、やはり自分に甘くなってしまうのだなと思いました。

そのような筋トレを取り入れて、それでも筋肉量は減って、ついに標準以下になってしまいましたが、遂に、噂に聞く停滞期というものがやってきました。

ダイエットを始めて2ケ月、体重-4キロの時でした。

なんか長くなったので、またまた次回に続きます。

************************

皆様のお悩みが解消される記事を目指しています。
応援よろしくお願いします。
↓↓↓


スポーツ(全般) ブログランキングへ

************************