More from: ランニング

短腓骨筋腱付着部炎

こんにちは。運動音痴な管理人Fumeiです。

最近は足が痛くなることもなく、順調に走れるようになったな~なんて思っていたりたら、なんだか足に違和感を感じるようになってきました。

よく考えると、現在使っているランニングシューズも随分長くお世話になっているような気がします。このシューズはインターネットで購入したので、購入記録を調べてみると、もう1年以上も前に購入していたことが分かりました。

さすがに交換時期かなと思い、同じシューズを探してみたけど、もうすでにどこにも在庫はないようでした。

仕方がないので、同じメーカーの同じシリーズのデザインチェンジをしたシューズを試し履きなしでネット購入しました。

ところが、家に送られてきたシューズを履くと、同じシリーズで同じサイズなのに、履き心地がまったく違いました。かなり改良されていて、軽くて締め付け感が少なくなっていました。

シューズとしてはよくなったんでしょうが、私の好きな履き心地ではなくなっていました。しかし、試し履きをしなかった私が悪いので、我慢して履くことにしました。

そして早速このシューズでランニングに出かけたのですが、1時間ほどでなんだか足が痛くなってきました。これはマズイと思いすぐに走るのを中止したのですが、痛みは何日たっても残ったままでした。

痛い箇所illustration by フリーメディカルイラスト図鑑

足の甲の側面の痛みで、病院に行っていないので正確なことは分かりませんが、ちょうど第5中足骨の付け根の外側が痛くて、色々調べた結果、短腓骨筋腱付着部炎ではないかと疑いました。

この炎症は、慣れない靴の使用で症状が出る場合があるそうで、ヒールパッドを入れると治りやすいようです。なるほど、踵部分に少し挟みものを入れると踵を浮かしたようになり、ちょうど痛みが軽減されました。

新しく購入したシューズは残念ながら使用を中止し、家では少し踵を浮き気味にして歩き、日常では靴の踵にティッシュを挟んでしのぎました。

ランニングではたまたまインソールを注文したところで、そのインソールが手元に届いたので、それを使っていると3週間ほどで痛みはなくなりました。

今回、大きな代償を払って、シューズの大切さを学びました。新しいシューズは同じ形で同じサイズでしたが、締め付け感が少なくなってしまっために足がシューズの中で動くようになってしまい、負担がかかったのだと思われます。

以前にもシューズの選択ミスで障害が起こったというのに、うかつでした。

新しいランニングシューズを選ぶ時には慎重に!

この言葉を自分に言い聞かせ、初心に戻って頑張りたいと思います。

************************

皆様のお悩みが解消される記事を目指しています。
応援よろしくお願いします。
↓↓↓


スポーツ(全般) ブログランキングへ

************************



膝痛の原因解明②

こんにちは。運動音痴管理人のFumeiです。

膝痛になってしまった原因のひとつが、後脛骨筋腱炎がキッカケでバランスが崩れて、骨盤後傾になってしまっていたことでした。

このバランスの崩れは、後脛骨筋腱炎の回復と同時にランニングを再開したことによって、徐々になくなっていき、気が付くと、本来のバランスに戻っていました。

また、ケガがキッカケかもしれませんが、ランニングフォームにも問題があったようです。

特に女性には多いのですが、骨盤が男性に比べて横に広いので、走ると左右にブレやすいです。そのため、膝に負担がかかりやすく、膝を損傷する可能性が高いのです。

パーソナルトレーナーからは、私は女性の中でも特に骨盤が広くて、注意が必要だと指摘されました。

ランニングで左右のブレなく走るためは、中臀筋を使って走るのが効果的です。

中臀筋とは、下の図の位置にあります。

中臀筋

中臀筋

中臀筋は、骨盤と大腿骨を結んだお尻の内側にあります。ここの筋肉が衰えると、お尻が垂れて横に広がってきます。そうすると、バランスをとるために横のブレが大きくなり、膝が内側に入り、膝痛の原因となるのです。

自分が中臀筋を使っているかは、お尻の上部、つまり一部表側に出てきている骨盤あたりの部分を手に触れることで、動いているか確かめることができます。

自分で中臀筋を動かせる実感がわいたら、意識して歩いてみましょう。いつもより腰高な感じがします。

その感覚のまま走ってみましょう。もし、いつもより腰高な感じがするなら、いつもは重心が低くて、中臀筋を使えていなかった可能性があります。

膝の痛みだけでなく、腸脛靭帯炎などの障害も多くは中臀筋の衰えまたは、使えていなかったことによる障害と考えることができます。

この部分を使えるようになることにより、ランニングによる障害の予防になるのです。

************************

皆様のお悩みが解消される記事を目指しています。
応援よろしくお願いします。
↓↓↓


マラソン・ジョギング ブログランキングへ

スポーツ(全般) ブログランキングへ

************************



膝痛の原因解明①

こんにちは。運動音痴な管理人Fumeiです。

後脛骨筋腱炎がキッカケで膝痛になってしまったのですが、テニスボールの膝痛改善法で無事、膝痛がなくなりました。

テニスボールの膝痛改善法については、「再び膝痛」をご覧下さい。

しかし、根本的に膝痛の原因を探らないことには克服とは言えません。そして、再発防止のためにも考えていかなければなりません。

まず、後脛骨筋腱炎のために身体の重心がぶれて、膝痛のある方の骨盤だけが後傾になっていました。

骨盤後傾になると、上半身の重みを骨盤に乗せられなくなり、膝に負担がかかります。

骨盤後傾か前傾かの簡単なチェックは、前屈、後屈をしてみて、後屈より前屈しやすければ、骨盤は前傾気味、前屈より後屈しやすければ、後屈気味であると分かります。

骨盤が前後に歪んでいると、姿勢に影響し、使う筋肉にばらつきができて、体型にも影響してきます。

簡単に骨盤位置を整える方法ですが、膝立ちになって、前にも後ろにも重心を傾けずにキープします。後ろに重心を預けると、太もも前の筋肉に力が入り、重心を前に預けると、太ももの裏側(ハムストリングス)に力が入ります。

この前にも後ろにも傾かない位置が、上半身を正しく骨盤の上へ乗せる姿勢なのです。この位置でキープすると非常に安定が悪く、グラグラすると思いますが、目線は遠くやや上の方で、1分間キープします。

これを行った後、前屈、後屈してみて下さい。先ほどと変化があったでしょうか?歪みが酷い場合は、これを3セットやって、1セット終了ごとに前屈、後屈して確かめて下さい。

1セットやるごとに前屈あるいは後屈しやすくなっているはずです。これで、かなり骨盤位置が整えられた証拠です。

ただし、この方法は何か活動するとすぐに戻ってしまうので、ストレッチの最後に行うとよいでしょう。

私の場合は、後脛骨筋腱炎のために、左右の歪みも大きかったです。

まっすぐ立った時のバランスは、極端に膝痛のない方に傾いていました。

片足立ちすると、膝痛のない方を軸にすると安定して立てますが、膝痛の方の足を軸にすると、ぐらぐらして安定できません。

そのため、片方の足の骨盤後傾を改善する必要があるのですが、一瞬で正しい位置に戻す方法があります。

まず、骨盤後傾を治したい方ではない足を軸にして片足立ちします。この時何かにつかまってO.Kです。そのまま浮かした方の足を伸ばしたまま、力を抜いて前後に前、後ろと振り子のように動かします。

この動きと膝立ちを組み合わせることで、とりあえず骨盤位置を整えることができます。

これを行った後、まっすぐ立ってみると、片方の足に傾いていた重心が、まっすぐ両足に掛かっていました。

このように身体の重心に左右差、又は前後の傾きがあると、故障の原因になります。日ごろから自分の身体を知ることも運動を行う上で非常に大切なことなのです。

やはりひとつケガをすると、こうして色々な障害が連鎖するのだと分かりました。

************************

皆様のお悩みが解消される記事を目指しています。
応援よろしくお願いします。
↓↓↓


マラソン・ジョギング ブログランキングへ

スポーツ(全般) ブログランキングへ

************************