More from: パーソナルトレーニング

ジャンプトレーニング

こんにちは。相変わらず、運動音痴のFumeiです。

運動音痴の人は、身体の使い方が悪いことが原因で、ムダな動きになってしまったり、力の使い方が悪く、正しい力を伝達することができず、期待通りの動きができなかったりします。

運動音痴である私も例外なく、身体の使い方が悪いです。パーソナルトレーニングでは、個々の競技について、細かい指導があるわけではありませんが、身体の使い方をトレーニングによって、変えていきます。

運動音痴の私がランニングを始めて2年にほどで、ようやく身体の使い方を学ぼうという段階にまで到達しました。

<私のパーソナルトレーニングの経過>

◆ランニングを始める→足の痛みが出る→身体が硬すぎる→ストレッチ習慣化→足の痛み消える

◆いつも足がだるい→足のむくみ→足のマッサージ習慣化→足が多少すっきり

ここで、膝から下の問題が概ね解決。

◆ハーフマラソン完走後、長脛靭帯が激痛→お尻からふとももにかけてのマッサージで改善
◆怪我が原因で左右バランスがくずれて膝を痛める→骨盤の位置を調整したり、ランニングフォームを改良したりした→膝の痛みが消える

これで、足に関して悪い状態の筋肉というわけではなくなった。この時点で初フルマラソン完走。毎週行っていたスポーツマッサージをやめて、身体の使い方を学ぶことに。

◆ジャンプトレーニング開始→身体の使い方を学ぶ→フォームが悪すぎて、運動効率が悪い
◆インソールを作る→正しい位置でのフォームを作れるようになり、運動効果が上がった

前置きが長かったですが、今日はこのジャンプトレーニングの話です。

人は、子供の頃に外で遊ぶと自然に行っていたケンケンやジャンプなどを通じて、身体の使い方を学んでいくのだそうですが、子供時代にあまりそういうことを行ってこなかった人は、身体の使い方を学ぶ機会がないまま、運動能力の低い大人になってしまうのです。確かに私はインドア派の子供でした。

最近の子供は外で遊ばなくなったため、昔にくらべ運動能力が低くなったそうです。

そういう能力は大人になってからでは、子供の時のように身につきにくいそうですが、それでもある程度は発達するようです。

ジャンプトレーニングは、その身体の使い方を学ぶためにやっています。

方法は、マス目をタテヨコとか右回りとかケンケンで移動したり、両足でジャンプしたりしながら移動したりするだけです。それ以外にも思いっきり高くジャンプしたりとか、反復横飛びとか色々ありますが、基本はマス目の移動です。

それだけのことですが、身体の使い方を学べる上に、全身の筋肉も使うので、筋トレにもなります。

このトレーニングのランニングでの効果は、今まで全ての力が地面に吸収されているかのような走りが(つまりドタバタ走ってるってことです)、地面の反発を利用できるようになり、軽やかに走れるようになりました。つまり、バネがきくようになったのです。

このおかげでほんの少しだけ速く走れるようになりました。

実はこの内容は1年ほど前の話で、その後インソールによる問題が出てきたので、このトレーニングは現在は中断しているのですが、また再開して効果が出たら、ここで報告したいと思います。

************************

皆様のお悩みが解消される記事を目指しています。
応援よろしくお願いします。
↓↓↓


スポーツ(全般) ブログランキングへ

************************



インソール使用後の課題

こんにちは。運動音痴な管理人Fumeiです。

前回、インソールを作ったことで姿勢を矯正し、その状態でランニングすると、驚くほど速く走れるようになった話をしましたが、今回はその続きです。

インソールを使用して走ることで、楽に速く走れるようになったのですが、いつもと違う体重の掛け方のせいか、いつもはできない部分に水ぶくれができてしまい、それが痛くてあまり長くは走れなくなりました。

今まで体重を掛けたことがなかった部分なので、普段その部分の皮膚は柔らかく、何度走ってもできてしまいます。

しかしその内、水ぶくれができなくなったと思ったら、今度は中臀のあたりが痛くなってきました。今まで中臀が痛くなったら、自分でマッサージしていたのですが、それも追いつかなくなってしまいました。

そうするうちに、長脛靭帯が痛くなってきて、30分ほどで走れなくなるほどでした。

インソールによって足元を矯正して、正しい姿勢を目指してきたのですが、筋力不足などから身体が楽な方へ流れようとして、姿勢が崩れて、あちこちに障害が出てきたのです。

そうなると、せっかく使えていた筋肉も使えなくなっていき、インソールの効果が少なくなってしまいました。恐らく水ぶくれができなくなったのは、皮膚が硬くなったのではなく、体重のかけ方が正しい位置になかったからでしょう。

硬くなってしまった筋肉をほぐしてもらい、もう一度インソールを付けて走ると、また水ぶくれができました。

しかしやがてすぐに、中臀など同じところが痛み出し、ほぐしての繰り返しです。

インソールによって理想的な姿勢を手に入れたわけですが、その姿勢は強制的に作ったものなので、そのままの姿勢を保つにはその姿勢に合った筋力が必要だということが分かりました。

それはインソールを使い続けて慣れるしかないのですが、このことから、インソールを使わずに自分で姿勢を矯正するのは大変なのだと、今更ながら理解しました。

また、骨盤の位置ひとつで、ここまで運動能力に差がでるのかということも学び、運動音痴克服の大きなヒントになったと思います。

このインソールを使い続けて、不具合が出なくなる日を目指して頑張っていきたいと思います。

************************

皆様のお悩みが解消される記事を目指しています。
応援よろしくお願いします。
↓↓↓


スポーツ(全般) ブログランキングへ

************************



インソールを作ってみた

こんにちは。運動音痴な管理人Fumeiです。年末年始と仕事が忙しく、久しぶりの更新です。

ちょっと前の話になりますが、インソールを作ってみました。インソールと言ってもピンキリなんですが、ちゃんと自分の足型をとってフルオーダーで作ってもらう、結構本格的なものです。

もちろんお値段の方もそれなりにするんですが、悪い姿勢のままトレーニングを続けるよりも、理想的な姿勢で行った方がはるかにトレーニング効果が出るというパーソナルトレーナーの助言に基づいて、決断しました。

私は骨盤が後傾で、左右にもずれがあり、厳密に言うと片足を引きずって歩いているようです。(誰もが見て分かるようなレベルではなく、誰でもが歩き方のクセで出てくる程度の話です)

それらのクセをこのインソールは直してくれます。

まず、インソールを付けてすぐに変化が表れました。今までは骨盤後傾のため、太ももばかりを使って歩いていたのが、ちゃんとふくらはぎを使って歩けるようになりました。

もう、毎日ふくらはぎがぱんぱんに張って、仕方がありませんでした。今まで、歩いていて、ふくらはぎがダルくなったことがなかったので、衝撃でした。

また、少し運動すると、膝のまわりが筋肉痛になりました。いえ、膝痛ではないのです。膝周りの筋肉が鍛えられているようなのです。

私は膝周りの筋肉に締まりがなく、むくんだような決して美しくない膝小僧だったのですが、削りたいなと思っていた肉の部分が筋肉痛になり始めたのです。

要するに、今までその部分を使えてなかったのですね。そのために膝小僧の形も悪かったのでしょう。

今までパーソナルトレーナーから、「足を使って歩いていない」と言われていたのですが、こういうことだったのですね。

インソールを付けてから、日常生活だけで疲労困憊で、スポーツにまで範囲を広げるには少し時間がかかったのですが、このインソールを付けて筋肉トレーニングを行ってみると、効かせたいところにバッチリ効いてくれました。

やはり姿勢のまずさが筋トレの効果にも大きく関係していたのだと、身を持って知らされました。

また、このインソールを付けてランニングを行ってみると、驚きの結果が出ました。

今までいくらがんばっても出せないような速度で軽々走れてしまうのです。ランニングは骨盤の位置が大切だといいますが、こんなに違ってくるとは驚きでした。

具体的に言いますと、今までキロ7分前後でしか走れなかったのが、いきなりキロ5分半~6分半くらいでもちょうどいいペースだと思えるようになってしまいました。

キロ7分というのは、普段からそこそこ運動していれば、初心者が練習せずとも走れるくらいの速度なのですが、私の場合は本格的にランニングを始めても、なかなかその域から脱せられずにいて、それ以上速く走ると息切れをおこしてしまいました。

勝手に心肺機能が極端に悪いのだろうとか、やはり運動神経が悪いからだろうとか思っていましたが、インソールによって、骨盤を正しくするだけで、こんなに変わるとは思ってもみませんでした。

ただし、筋力が追いつかないので、まだまだそのような速度で長距離は走れません。ランニングを始めた時のように、5キロ、10キロとまた一から順を追って始めないといけません。

また、インソールを入れてしばらく経った頃、色々と問題も発生してきました。それはまた後ほど。

************************

皆様のお悩みが解消される記事を目指しています。
応援よろしくお願いします。
↓↓↓


スポーツ(全般) ブログランキングへ

************************